ぐりーんらいふ 鎌倉くらしの日記

おすすめマンガ

f0176458_19263560.jpg

                                   (ハナモモとショカツサイ)


途中ですがおすすめマンガを^^
「ましろのおと」羅川真里茂
「赤ちゃんと僕」の作者さんの作品です。これはなかなか!
津軽三味線奏者の少年のお話。自分の音を探していくのと青春マンガとが一緒に見られるのかな。
ストーリーはこの人は安心して見られる。(「赤ちゃんと僕」も面白かったよね。泣いて笑って感動したっけ)我々は新しく演奏シーンに身震いすればいいのかしら^^



月に1度はマンガ喫茶に行って大量のマンガを見ないとストレスたまるのですが、そこでたまたま見つけました。既刊2巻。おお、面白いじゃんと買うことにして、今月15日に3巻が出ると分かり、、とりあえず買い揃えようと思います^^あまり長くなると私の性分じゃどうなるかわからんですが^^;






(コミックのデジタルデータ化について)

実は自衛隊の活躍を見て雁須磨子さんの「どいつもこいつも」を見に行ったつもりが無くなってた、、。
ショック、、。古すぎると置いてないこともしばしば。で、買おうにも絶版だったりするんだな。中古品なら売ってるって?、、、もう無理、買えない。(マンガ喫茶も実は年々勇気が要る。矛盾してるケド)電子書籍で買えるといいのにな〜、、。



電子書籍と言えば「まんだら屋の良太」はほぼ全冊持ってるが実家に預けてあり、多分紙自体メチャクチャ劣化してると思われ。引き取っても置く場所も無く(50巻以上あるのだ)。これも自分でデジタルデータ化すればいいんだよな。ただめんどくさくて、、。(ちなみに「まんだら屋、、」も絶版ですよ。あんなにいいマンガなのにな〜)



本もそうだけど、基本は手に持って読みたいんだ。ただ(特にマンガの場合)紙が劣化し買い替えようにもすぐ絶版になってしまう。またコミックってどんどん安っぽいペラペラの紙になってませんか?
あと置き場所っすねぇ、、。物をためこめない性分の人は一定量以上たまると圧迫感を感じるんだよね。
、、電子化にノるか、物を溜め込むにシフトするかだわー。
[PR]
by green2008 | 2011-04-13 10:54 | くらし