ぐりーんらいふ 鎌倉くらしの日記

菜の花

f0176458_10424912.jpg

                               土手に咲き出した。もう春だ、、。




買い物に出て雨の中歩いてたら帰り道ではだいぶ気が晴れた。足下もポカポカ。家に籠っちゃ駄目なんだね、やっぱ。停滞してしまう。外に出て歩く、ついでに刺激を持つ。(買い物でも写真撮影でも)





家でなんで空しさがでるのか自問していたら、新しいこと始めたのに結果がでてないからと出た。(これは普通に自問自答して見つめて出てきたもの。)
エネルギーワークしかり、写真しかり。金もつぎ込んでるのにさ〜と。
しかし、結果がでるほどそれに打ち込んだかというとそうじゃないんだな、、。ただ嬉しい、楽しい、目新しいでただ経験してみただけ。それで見違えるように出来るわけじゃないなーと。。創意工夫とそれに時間かけて打ち込むこと。これをしてみてからだろ、空しさは、、と思いました。


いつまでたっても似たような写真ばっかだなー、進歩がないなーというのへカメラマンさんからのお言葉。
「それでも撮り続けていくことですよ。撮り方を変えてみたり被写体を変えてみるんです。シャッタースピードかえるだけでだいぶ変わりますしアングルも普段しないようなのをしてみたり。人物を撮ってみて、どうやったら綺麗に撮れるかなといろいろやってみたり。そういうことしてるなかでまた楽しさが出てくるかもしれないし自分では考えもしなかった被写体にはまるかもしれませんよ」
そうこうしても写真に対する情熱がなくなったと思うならば、それはそれでいいんですと。
いつもながらいい助言だ、、。
[PR]
by green2008 | 2010-02-16 11:00 | くらし