ぐりーんらいふ 鎌倉くらしの日記

David Austin Rose Gardens

f0176458_1942619.jpg





f0176458_1951419.jpg


イングリッシュローズの生みの親、デビッド・オースティンのナーサリーです。
ローズソサエティを上回るバラの量、一面バラづくし。圧倒されました〜。
最後のここが一番写真撮りまくってたな〜。セレクトが大変だった、、。お待たせしました!!


ここは遠いっす。
London Euston駅からAlbrighton駅(約2H)下車。駅から東へ歩いて約2.5km。
もうほぼ北部と言っていいのでは。そう、ここを入れたばっかりに鉄道パス、ロンドンパスにならずイングランドパスになったんだよ、、。ロンドンパス(ロンドン周辺地域をカバー)ならも少し安いしヒースローエクスプレスにも2回乗れる特典ついてたんだけどね。
しかし訪問して正解!も、最後にこれですからね、よかったですよ!
オールドローズじゃなくてイングリッシュローズな点、あと北部というのがよかったのかな、花満開だったのは^^

HPはこちら



f0176458_19262784.jpg

  さまざまな色のバラが咲いてたけど見返してみるとピンク、アイボリー系のばっかり撮っていた。
  こういうのも好みが出るね^^
  それにしてもイングリッシュローズってこんなに種類あるんだね〜。何百ってあるでしょ、この植栽。
  (すべてバラのみと言っても良いぐらいよ)





f0176458_19284854.jpg





f0176458_19294979.jpg





f0176458_1931104.jpg







f0176458_1932810.jpg




f0176458_19324610.jpg









f0176458_19382878.jpgf0176458_1939166.jpgf0176458_19392722.jpg
クリームティ^^
クリームとイチゴがおいしかった、、^^
         ティーハウスは壁一面バラで覆われていたよ〜^^
           食器もバラ尽くしで優雅な気分、、。
         
         自分でやらずに済むなら壁一面にバラを誘引ってしたいね。
          誘引も虫とりも散った花びら掃除も誰かしてくれるなら。


         ショップも素敵で充実してたしもちろんナーサリーも。
            半日以上遊べますよ、ここは。
        (お土産はなぜかフランス製のバーベナの花の香水を、、^^;)





あーそして。帰り、もう歩くのかったるいな〜と地図見てこっちのが近いじゃんとAlbrightonの隣駅、Cosfordのほうに向かったのね。でも駅の真ん前で通行止めになってて、、行けませんでした!
またナーサリーまで戻ってAlbrightonまで、、(泣)。皆さん、Albrighton駅を使ってくださいね。
[PR]
by green2008 | 2009-10-08 19:58 | 2009イギリス