ぐりーんらいふ 鎌倉くらしの日記

ヒースロー空港ターミナル5の出入国

f0176458_8415357.jpg
     空港の替わりにロンドン・リバプール駅の写真を。あまりに居心地良くって憩ってたもんだからT5の写真ってないの^^;





ターミナル5(以下T5)はブリティッシュエアウェイズ(BA)の専用ターミナルです。新しくってガイドに全く情報がありません^^;


実際行ってみての感じを書いてくね。参考にどうぞ。

(入国)
成田発のはBゲートに到着。ここにはA〜C3つのゲートがあり、入国審査や乗り継ぎ、ヒースローエキスプレスや地下鉄はみんなAゲートにあるのでT5内の列車に乗って移動します。
初めとまどうけど大丈夫。arrivalの看板どおりに進むといきなり東京の地下鉄ホームみたいな所になる。でトランジットの列車がやってくる。到着の人も乗り継ぎの人も同じ列車に乗ります。車内アナウンスに従ってそれぞれ降りてね。Bゲートから入国審査へは次の駅だよ。正味2、3分?すぐ着きます。
着いたらまた看板に従って歩けば5分もせずに入国審査場に到着。
これがまた大きくて広くて審査官の数も多くってさくさく終わっちゃう。さすが専用ターミナルですね〜。
しかも前より質問も簡便になったような?(たまたま?)

「仕事で来たんじゃないわよね?」
「いいえ、観光です」
「何日いるの?」
「10日間」
「ホテルに泊まるの?」
「いいえ、学生寮です」
「OK、分かったわ」
こんなもんですよ。

終わったらもうこれで終了。到着ロビーにGo!です。
手荷物検査とかはないですね。乗り継ぎはあるんだろうね。
到着からロビーに出るまで40分くらい?行きは預け入れ荷物がなかったけど出国時も45分で済んだよ。
列車、地下鉄駅も到着ロビーのすぐ目の前だしね。便利です。
あと例のアメックスのポンド立T/Cですが他の会社のカウンターで手数料無しで換金できたよ。あのアメックス担当者の言葉は何だったんだろう、、。T5ならトラベリックス、トーマスクック。それぞれ1日300ポンド、500ポンドまでcommission freeとあります。



(出国)
地下鉄、列車それぞれから看板(departure)に従って出国フロアへ。まず荷物の預けとチェックインですね。PCで前日オンラインチェックイン出来れば問題ないけどそうじゃなければセルフでオンラインチェックインをします。ここは全部セルフの機械しかないんでやりましょう。でも簡単。PCのとおんなじようなもんです。画面文字に従って乗る便名、e-チケットの番号を打ち込みATM機のようにパスポートを入れて認証があり、荷物は預けたか、まだこれからか、それとも手荷物だけかにチェック。そんなもんです。最後搭乗券をプリントアウトしてそれを持って荷物を預けるカウンター(いっぱいある)へ。

私は「搭乗できません」と出てびっくりしたのだけどそれはダブルブッキングだった模様。荷物預ける受付の人にプリントアウトしたその文面をみせたらその人がやってくれました。


その後セキュリティチェック。奥にある。ここもまああのテロ騒動の頃に比べたらもう慣れたというか普通に感じる。金属や電子機器など外して靴脱いで探知機のゲートをくぐります。(何もなくてもトイレを我慢してたらピーピー鳴っちゃった^^;)
OKならそれで終わり。あとは綺麗で広〜いターミナル内でお昼を食べたりお店を覗いたり、、なんて憩ってたらゲート確定、Bゲートだった。なにげに(このAゲートから)Bゲートまで移動は15分はみてねなんて看板があってびびる。45分前だ、急げ〜とあせりました。同じく看板(Bゲート)を目印にたったか歩きエレベーターで降りやがてまた地下鉄ホームへ。列車に乗って次のBゲート駅で降り、エレベーターかエスカレーターで2階のゲートフロアにゆきB35ゲートを目指して歩いていきました。列車がすぐ来たし10分もかからなかったような気がする。
Bゲート棟にも普通に食事処、スーパー、お店はあるんで先に移動してこっちで憩っててもいいかもね。ってゲートが確定しなきゃしょうがないんだけどね。

出発30分前でもう「ご搭乗ください」のアナウンスがあったのは驚きでした。雑誌を物色中だったがこれに換気されて園芸雑誌買っちゃった。



というわけで私の感想は不便とか難しくないしむしろ綺麗で広くていいな〜でした。
普通に焦らずゆったり構えてればどこも大丈夫だよ。
分からなかったら大勢にくっついていけばいい^^職員にも聞きましょう〜。(私はトランジットの列車が怪しくて「いや、こっちじゃなくて奥にあるエレベーターに乗るんじゃないか?」と思案し、そこへ通りかかったアテンダントにそれでいいか聞いてみたのです。「列車で行ってね」と言われました)
[PR]
by green2008 | 2009-07-07 07:50 | 2009イギリス